内科・呼吸器内科

のぐち内科クリニック

診療時間 9:00~12:30、14:30~18:00
休診日 水・土曜午後、日曜、祝日
電話 029-852-3001
所在地 つくば市妻木635-1


2012年7-8月号 つくまる掲載
2018年2月 更新

 

院長 野口 佳子(のぐち よしこ)

1986年

筑波大学医学専門学群卒業

1992年

筑波大学附属病院

 レジデント専門医養成課程(呼吸器内科)修了

1996年

筑波大学大学院博士課程医学研究科卒業

 (気管支喘息の基礎的な研究で学位取得)

勤務歴
筑波メディカルセンター病院、筑波学園病院、
きぬ医師会病院、いちはら病院

日本内科学会認定内科医、総合内科専門医、
日本結核病学会結核・抗酸菌症認定医、
日本医師会認定産業医、医学博士

白とピンク系を基調とした開放感ある治療室

まさに「街のお医者さん」になりたいと思い、医学部へ進んだという野口佳子院長。大学での研究や地元病院への勤務を経て、2012年春にクリニックを開業し、自らの初心を形にした。理想とするのは、病気のことだけでなく家族構成から暮らしの背景まで、つい話がはずむようなおつきあい。高齢の患者さんと窓の外をあれこれ指差しながら世間話をしたり、熱を出して来院した大学生には「帰ってご飯を食べられるの?」と母親のように親身になったり……。地域の患者さんに寄り添い、ゆとりをもって話を聞く姿勢をなにより大切にしている。
 
総合内科専門医である野口院長の対応は、オールラウンド。体調に不安があるとき、どんなことでも真っ先に相談できる身近な窓口となってくれる。診察の際は、より詳しい検査や高度な医療が必要かどうか見極めるのが、家庭医としての重要な役割の一つ。筑波大学をはじめ勤務医時代の人脈を活かして病院に紹介するなど、スムーズな連携ができるのも安心材料だ。

加えて、野口院長は呼吸器内科を専門とすることから、ぜんそく、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、禁煙外来、在宅酸素療法、睡眠時無呼吸症候群などの治療に強いのが特徴となっている。
 
「とくに肺の病気や生活習慣病のある方はもちろんですが、基本的にどなたにも禁煙していただきたいですね。風邪で来院された方にも、禁煙の声かけをするようにしています。睡眠時無呼吸症候群については、当院で簡易検査をして、詳しく検査する必要があるとわかれば適切な医療機関をご紹介します」
 
さらに、福祉施設の充実した病院に勤務していた経験を活かし、高齢の患者さんに対しては介護まで含めた助言をしてくれるのも、頼もしい限りだ。
 
「医療だけで高齢者やそのご家族を救うことはできず、介護とつなげていかなければなりません。そのためご家族の生活形態に応じて、家庭でどのようなケアができるかを一緒に考え、場合によっては介護サービスの提案や施設の紹介をすることもあります」
 
患者さんが何を求めているかをこまやかに察知し、一人ひとりに合った説明を工夫する野口院長。疾病によっては継続的な通院が必要になることから、「また来たい」と思われるクリニックにするのが目標だという。そのため、話しやすい雰囲気づくり、くつろげる待合室、すぐに結果の出る血液検査など、すみずみまで患者さんの立場に立った心配りが行き届く。「受診しに行く」と身構えず、「ちょっと相談に」という気持ちで気軽に訪れられるクリニックが身近にあることが、病気予防につながり、日々の安心を支えてくれる。