耳鼻咽喉科・小児耳鼻咽喉科・アレルギー科

のむら耳鼻咽喉科クリニック

診療時間 9:00~12:00、15:00~18:30
(第1・3土曜は12:00まで)
*インターネットによる受付時間は
 9:30~11:30、15:30~18:00
休診日 第2・第4土曜、日曜、祝日
電話 029-856-8733
所在地 つくば市東新井25-2-2F


2014年11月号 つくまる掲載
2018年2月 更新

 

院長 野村 正猛(のむら まさたけ)

1999年

筑波大学医学専門学群卒業

2000年

筑波大学附属病院耳鼻咽喉科

2001年

筑波学園病院耳鼻咽喉科

2003年

筑波大学付属病院耳鼻咽喉科

2005年

日立製作所水戸総合病院耳鼻咽喉科

2007年

筑波大学附属病院耳鼻咽喉科

2008年

筑波学園病院耳鼻咽喉科

2009年

筑波記念病院耳鼻咽喉科 診療科長

2014年

のむら耳鼻咽喉科クリニック開業

日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
日本耳鼻咽喉科学会補聴器相談医
身体障害者福祉法指定医師

世界最細径クラスのファイバースコープを導入

つくばエクスプレスつくば駅から徒歩10分、つくば国際会議場やデイズタウンのすぐそばに、2014年10月2日に開院した。広くて明るい待合室にはキッズスペースも設けられ、リラックスできる雰囲気。壁には珪藻土が使われ、患者さんにやさしい空気環境が保たれている。
 
野村正猛院長が医師を志した動機は、病弱で病院通いを繰り返した幼少時の体験にさかのぼる。いつも長時間待たされるのに医師とあまり話ができず、病院に怖くて冷たいイメージを持っていた。また、実家が自営業のため、仕事を中断して付き添う母親や家族の負担も大きかったという。だからこそ、「誰一人そうした苦労をしないで済むクリニックをつくりたい」と願う野村院長の思いは強い。

まず、なるべく患者さんを待たせない当日順番予約システムを導入。携帯サイトやインターネットで待ち状況を確認でき、インターネットから予約を取ることもできる。患者さんが来院すると、全スタッフが患者さんの声にていねいに耳を傾け、しっかりコミュニケーションをとるよう心がけている。
 
「筑波大学附属病院時代の上司(教授)が、病気でなく人を診なさい、と徹底してご指導くださいました。患者さんの職業、住環境、趣味など、生活背景を知ることは非常に重要です。例えば、疲れやストレスがたまると免疫力が落ち、鼻炎や中耳炎などの感染症にかかりやすくなります。そこで、根本となる疲れやストレスの原因を知ることが、治療はもちろん今後の病気予防にも役立ちます。何気ない会話の中に治療のヒントがありますので、患者さんが打ち解けて話せるようなクリニックを目指します」と語る野村院長。親身になって患者さんの話を聞き、質問には誠実に分かりやすく答えてくれる。
 
耳鼻咽喉科は、首から上の脳と眼以外はすべて診るため、耳、鼻、喉、めまいなど幅広い症状に対応する。なかでも野村院長が得意とするのは、花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎。「血液検査でアレルギーの原因を調べ、患者さんの仕事やライフスタイルに合わせて治療法を選択し、一緒に戦っていきます」
 
小児にも対応しており、3歳を過ぎたら鼻をかむ指導に力を入れたいとのこと。上手に鼻をかめないと、黴菌のついた鼻水が中耳炎や副鼻腔炎などを引き起こす原因になるのだという。
 
そうした小児でも抵抗がないよう、耳、鼻、喉の中を診る内視鏡は世界最細径クラスのファイバースコープを導入。自分の状況を画面で見て、なぜ、どのような治療が必要かを理解するだけで、恐怖心はグンと小さくなる。小さい子も嫌がらず、家族揃って気軽に訪れられるクリニックを、真摯に追求している。